ブルスコリへようこそ。
 
ブルスコリは、創業1881年のフィレンツェの革工房です。
 
創業者のエジスト・ブルスコリが印刷業(皮革に)として開業し、2代目・3代目で製本業へと展開され、現在製本の他、家具のレザー装飾やバッグ・財布などの、レザーグッズの製作も行っております。
 

Bruscoli


革職人&伝統的な装丁・金装飾技術の工房
 
ブルスコリ社は、1881年にエジスト・ブルスコリによって、タイポグラフィ(活版印刷)と製本業者として設立されました。

 

1900年代の初め、彼の息子と孫たちは、革に金の刻印を施す技術の他、製本と本の復元に焦点を当てた作業を続け、続く50年代と60年代の間に著しく成長し、外国との関係を発展させました。
 

Pelle conciate al vegetale


イタリア植物鞣し本革
 
フィレンツェ・ピサの二県に位置するイタリア植物鞣し本革協会の鞣し業者たちが古来からの手法を活用し、何世紀にも渡り受け継いできた職人的伝統です。
 
天然タンニンをベースに熟練の鞣し革職人の技によって皮(skin)は長い年月に耐え得る革(leather)へと仕上げられていきます。
 

Stampa sulla pelle a bussetto


Busset leatherによる転写

 
この技法はモレスカとスペイン起源の中で最も古い転写法です。
 
植物タンニン鞣しされた革は手作業によって行われ、圧力と熱の影響での革の表面が接触することにより表面は輝きを出し、色が暗くなることによってデザインを引き立たせる色のコントラストを作り出します。
 

Tecniche tradizionali


伝統的なテクニック
 
ブルスコリ工房では創業当時より、装丁の表紙や家具の革張り部分に用いられていた、革に様々なデザインの刻印を施し、製品を華やかに個性的に飾る 「金装飾テクニック」を、現在にまで受け継いできました。
 
刻印する道具として、1800年初代から1900年初頭にかけて当時手作業で作られた約1500種類あるパンチ(スタンプ)と、約300種類のホイール(ローラー)を使用しています。
 

Prodotti su ordine


オーダーメイド

 
ブルスコリ工房では、フィレンツェの伝統的技法を用いたレザー製品の1点1点を、ハンドメイドで作り上げております。
 
使用する革素材は
時と共に味わい深くなる植物タンニン鞣しレザー

色が鮮やかなクロムレザー
1点物ヴィンテージレザー
 等、多種類のイタリアンレザーをいくつかの皮革業者より仕入れています。

 

Contatti


お問い合わせ
 
お問い合わせ、ご質問等は下記の電話番号、メールアドレス等より、ご連絡下さいませ。
 
又、1週間経っても返信のない場合は、大変お手数ではありますが、再度ご連絡いただけましたら幸いです。
 
尚、InstagramのDMやFacebookのメッセージからでもお問い合わせいただけます。
 
PELLETTERIA BRUSCOLI DAL 1881
Via Montebello 58/r - 50123 Firenze, Italia
+39 055 212 947
bruscoli@bruscoli.it
http://www.facebook.com/Bruscoliit (italiano) 
http://www.facebook.com/bruscolijp (Japanese)
http://www.instagram.com/bruscoli_officiale/